カルナーキュアなどのオキシトシンマッサージについて 

カルナーキュアやその他のサロンで体験できる、ストレスを軽減するオキシトシンマッサージについて紹介するサイトです。

セロトニンが不足するとどうなる?

   

セロトニンとは、脳内物質の一種で、平常心に関係する神経伝達物質です。脳幹の縫線核という場所からセロトニンが分泌され、脳に様々な影響を与えています。セロトニンが不足すると、イライラしやすくなったり、落ち込みやすくなったりします。現代人は、セロトニンが不足しがちだと言われています。原因は、様々ですが不規則な生活、運動不足、PCやゲームのし過ぎ、不規則な食生活などが原因とされています。

セロトニンが不足するとやる気が出なくなったり、不安が高まることで他のことに集中できない状態に陥りやすくなります。他のことに気が散らされてしまうことになりますので、集中力も続かなくなるといった悪影響が起こります。例えば、強いストレスにより不安や緊張が高まる時、それを抑えバランスを取ってくれるのがセロトニンです。ところが、セロトニンが不足すると高まる不安や緊張に歯止めが効かなくなり、あがりという状態を引き起こします。人前であがってしまう場合は、セロトニンの分泌を促進するように心がけてみることをおすすめします。

寝付きが悪くなり不眠症になってしまう原因もセロトニンが不足しているためです。メラトニンは、体内時計を調整する働きをする睡眠ホルモンです。しかし、セロトニンが不足してしまうとメラトニンの生成が減少してしまいます。セロトニンとメラトニンは、どちらも人間の健康に欠かすことができない物質なのです。

セロトニンを簡単に増やす方法として、日光浴が挙げられます。朝起きたら太陽の光を最低でも15分は浴びるようにしてみて下さい。それから、軽いウォーキングや運動もセロトニンを増やすことができます。

セロトニンの素となる物質トリプトファンというアミノ酸が多く含まれている食品として、チーズ、大豆製品、肉類、バナナ、赤身の魚、落花生、ゴマなどがあります。これらの食品を食べても体内でセロトニンが合成されまでには、数日かかりますので毎日バランスよく食事を摂ることが重要です。また、食べる時の噛むという動作もセロトニンの活性化に役立ちますので、よく噛んで食べることを意識してみて下さい。ガムを噛むことも良い方法です。

セロトニンは、年齢を重ねることによっても減少していきます。年を取ると眠りが浅くなるのは、セロトニンが減少しているからです。しかし、年だからと諦めて何もしないでいると、認知症になりやすくなりますので、規則正しい生活、バランスの取れた食生活、適度な運動を心掛けましょう。

 - 未分類